車査定時の注意点

車を査定する際に査定士からいろいろと質問されることもあります。

車の状態などを聞かれたらどのように答えればいいかわからない・・・
査定額を減額させない言い回しなどあるの・・・?

などといった疑問も多く聞こえてきます。
そこで、ここでは車を実際に査定してもらう際に注意しておくべきことをご紹介します。
また、この点を注意すれば、査定にマイナスをつけることもないですし、
気持ちよく商談を運ぶことができます。

注意点その1

まず1つ目は、「嘘をつかない」ということが重要です。
車査定の際は査定士からいくつか質問されることが多いです。
質問の内容は、

不具合があるかどうか

修復暦があるかどうか

その他乗ってて気になる点はあるかどうか

が一般的な質問内容となっております。

ここで車をより良い状態に見せるために、
嘘をつく発言をする方もいます。

・修復暦があるのに修復歴がないと言う
・不具合があるのにそれを隠す

これはよくある嘘の例ですが、
嘘をつきますと、後々トラブルに発展するケースが多いですので、絶対に止めましょう。
最悪、買取金額全額返金&車返却、となります。
相手に迷惑をかける行為は絶対にやめて下さい。

注意点その2

次に注意してほしいことは、査定の言うことを鵜呑みにしないことです。

相手に知識がない、と判断されるとあることないこと言ってくる査定士もいますので、
事前に自分の車についての知識(相場など)をつけておきましょう。
下記ページで査定時の交渉テクニックについて記載していますので、
同時に読み進めてください。
>>査定時の交渉術

このことによって安く買い叩かれる。
といった事態は回避することができます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ